仕事を続けながらアトピーを完治させる

成人型アトピーで苦しんできた私が、会社勤めをしながらアトピーを完治させた方法をご紹介します。

アトピーの原因とは

アトピーの原因は諸説あります。かつては遺伝であったり、ハウスダストやダニがアトピーの原因であるとされていました。最近では黄色ブドウ球菌とされる説が有力視されています。

私はアトピーを根本から治すには原因を除去する必要があると考えて、様々な書籍やアトピーを完治されたという方のブログなどを読んで、アトピーの原因は現代の生活習慣にあると考えました。

その原因に気付いて以降、それを除去する努力をした結果、ステロイドがなければ痒みが治まらなかったという体質が保湿だけで症状が抑えられ、肌の見た目も非アトピーの方と変わらないほどに劇的にアトピー改善しました。

これを読んで原因を除去することでアトピーの根本治療に役立てて頂ければと思います。

アトピーの原因は遺伝に非ず

アトピーの原因は遺伝や体質だという説がありますが、私は違うと考えています。

私の両親、そして祖父母もアトピーではありません。アトピーの方でも両親やお爺さん、お婆さんがアトピーではないという方も沢山いらっしゃるかと思います。

なので遺伝という説は直ぐに違うというのは理解できます。

アトピーの原因は現代社会に対する体の拒否反応

私はアトピーの原因は現代社会に対する体の拒否反応にあると考えています。

これを根拠付けるものとして、昔、戦後間もない時期やそれ以前の日本にはアトピーはなかったと言います。アトピー患者が日本で増えだしたのは1960年代以降とされています。日本の生活スタイルが欧米式になり、生活水準が向上して感染症も減少しました。

ただそれとは引き換えに古くから引き継いできた、日本人のDNAに刻み込まれてきた生活習慣を変えなければならなかったのです。

私は日本人は日本人らしい生活スタイルを続けていればアトピーは出てこなかったのではないかと思うのです。

食事は日本食を中心にして、ある程度の雑菌に触れることで体の免疫力を高めればアトピーは起きなかったはないかと思います。

忙しい日本社会において便利さを追求するあまり、インスタント食品やレンジフードの摂取、それから合成素材の衣類などによって化学物質に触れる機会が増えたことも要因ではないかと思うのです。

まとめると、アトピーの原因は、

  1. 日本人の体質には合わない欧米式の食事を取るようになったことで、体が拒否反応を示しているというもの
  2. 過度な清潔によって雑菌に触れる機会が少なくなり、体の免疫力が低下した
  3. 便利さの代償として化学物質に触れる機会が増えた

ということにあるのではないかと思うのです。

発展途上国にはアトピー患者が滅多にいない

発展途上国においてアトピーが滅多にいないそうです。

というのも日本や欧米諸国のように生活水準が高くないため、異国の食文化を積極的に取り入れていない、衛生面で言えば日頃から多くの雑菌に触れて免疫力が高い、化学物質の入った食事や合成素材の衣類を着用していない、ということが寄与しているのではないかと思うのです。

アトピーの根本治療は昔の日本人の生活を取り戻すこと

アトピーの根本治療は日本人の体質にあった生活をすることではないかと思います。

  1. 欧米の小麦・肉料理を中心とした食事ではなく、昔から日本人が口にしてきた米・野菜・魚介類を中心とした食事をすること。
  2. 過度に手洗い、除菌などをし過ぎずにある程度の雑菌にも触れて免疫力を高める。
  3. インスタント食品やレンジフード、粒子状のだしの素などは使わずに、自然の食材から調理を行ったものを食べて、合成素材の衣類は直接肌に触れないようにする。また洗剤に触れたら水でよく洗い流す

こうしたことを意識的に実践していくことで、私はアトピーを改善させることができたのです。