仕事を続けながらアトピーを完治させる

成人型アトピーで苦しんできた私が、会社勤めをしながらアトピーを完治させた方法をご紹介します。

アトピーによる手荒れへの対処方法

f:id:Daniel016:20160623005143p:plain

アトピーの方で手荒れに悩む方も多いかと思います。
私もアトピーを患っていた時にはアトピーによる手の痒みと手荒れに悩まされました。

手は神経や毛細血管が集中している箇所でもあり、ちょっとした刺激でも敏感に反応してしまい、痒みが引き起こってしまうのです。

家で水仕事をすることもありますし、元々肌が弱いこともあってか、アトピーが完治した今でも油断をすると直ぐに手荒れを起こします。

そんな時に私が行っていた対処方法をご紹介します。

アトピーによる手荒れへの対処方法

アトピーでなくても手荒れに悩む方は沢山います。特に多いと思うのは主婦性湿疹ではないでしょうか。水仕事によって手の肌が乾燥して荒れてしまうというもの。

アトピー特有の肌荒れの対処方法は主婦性湿疹の対処方法に痒みを抑える事を加えたものになります。

肌への刺激を抑える

手荒れ対策の基本中の基本は手肌への刺激を抑える事です。日常生活において手は様々なものに触れます。触れたものが刺激となって、痒みを引き起こしたり、手肌の水分を奪って乾燥させてしまう可能性があります。そこで手肌への刺激を抑えるようにすることが手荒れ対策の基本となるのです。

水仕事の際のゴム手袋の着用

まず家庭で水仕事をする際には必ずゴム手袋を付けるようにしましょう。
食器を洗ったりする際、洗剤が手肌の水分を奪ってしまったり、洗剤そのものが手肌への刺激となったりするのです。

そこで水仕事をする際にはゴム手袋を着用して、手肌への刺激を少なくするようにしましょう。

ゴム手袋は100均などで売っているもので十分です。人によってゴムが刺激となってしまって痒みを起こしてしまうこともあるようなので、そうした際には綿手袋を中に入れると良いかと思います。

コップ一つ洗うだけなど、ちょっとでも洗い物をする時でもゴム手袋は必須です。私はこうした時に油断してゴム手袋を忘れて、手荒れを引き起こしたりすることもあります(笑)

また食事の準備をする際にも食材に直接触れないように注意したいです。食品の中には手肌への刺激が強いものがあるので、使い捨てのビニール手袋をつけると良いです。特に手荒れが酷い時にはなおさらですね。

掃除などをする際にもゴム手袋を

掃除などをする際にもゴム手袋は必須です。

お風呂やトイレ、洗面所といった水回りを掃除する時には洗剤が手について肌への刺激となったりしますし、掃除機をかける際にもホコリが手肌への刺激になることもあるので、掃除の際にもゴム手袋をした方が良いです。

お風呂に入る際の手肌ケア

f:id:Daniel016:20160622233800j:plain

忘れがちなのはお風呂に入る時、シャワーを浴びる時の手肌の保護です。

お風呂で使うシャンプーや石鹸を低刺激のものや天然素材でできたものを使うだけでは対策は不十分だと思います。温水だけで手肌の油分は十分奪われてしまうからです。
温水によって手肌の油分が奪われるとバリア機能が損なわれます。そこへ低刺激といえどもシャンプーや石鹸などに触れると痒みを引き起こすのに十分な刺激が加わると思うのです。

そこで私はワセリンを重宝していました。お風呂に入る前に手にワセリンを塗るのです。ワセリンが水を弾いてくれて、手肌が本来持っている油分が損なわれにくく、バリア機能が保持されます。

ワセリンを使ってもダメならビニール手袋かゴム手袋の使用をお勧めします。そのまま使うと隙間から水が入ってしまうので、そこを輪ゴムなどで縛って水が入ってこないようにしましょう。

パソコンやスマホの消毒

パソコンやスマホを使うときにも注意が必要です。キーボードやマウス、スマホには雑菌が多く付着していて、トイレの便座と同じ位の雑菌がいるとされています。

こうした雑菌が刺激となって手肌の痒みを引き起こしている可能性は高いのです。

なのでキーボード、マウス、スマホ(携帯)などはこまめに除菌シートを使って消毒するようにしましょう。

引っ掻いたことによる傷を治す

仕事をしている方であれば手を人目に晒すこともあり、傷だらけであれば気になったりするものですよね。ひっかき傷から刺激物が入ることで更に痒みが引き起こされるので、手肌の傷を治すことも悪化を防ぐ対策になります。

傷を空気に晒さないことが一番の近道

ひっかき傷をいち早く治すためには傷を空気に触れさせないようにして、肌の自然治癒力を最大限に生かすことが大事です。

指先であればバンドエイドを貼ると良いです。手のひらや手の甲が荒れている場合には布手袋が効果的です。とはいえ、仕事など外出時に手袋をずっと付けている訳にはいかないので、就寝時に布手袋を付けると良いでしょう。

ヨーグルトを塗ると傷が癒えるのが早い

ヨーグルトパックがネットなどで話題になっていた時に、私は手に塗ることを試してみました。

仕事中ずっと塗ったままにすることはできないので、朝・夕の2回、10分程度手にヨーグルトを塗っていました。

ヨーグルトを手に塗ると、手の傷の癒えが非常に早いのです。

ヨーグルトにはフルーツ酸というピーリング効果のある成分や肌に良いビタミンが含まれていること、そして何より乳酸菌が手肌の悪い菌を食べてくれるのか、非常に効果的でした。

手荒れの傷が治るのが遅いとお悩みの方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

私が使っていたのは明治ブルガリアヨーグルトのプレーンタイプです。

痒みを抑える

手荒れがアトピーによる痒みから引き起こっている場合には、手荒れの根本的治療は痒みを抑えることからです。それにはこのブログで紹介しているアトピーの根本治療が必要となってきます。

atopy-chiryo.hatenablog.com

このアトピーの根本治療は長期間に及ぶものになります。

手荒れだけでも一刻も早く治したい、そのために痒みを抑えたいといった場合には病院で処方されるステロイドの塗り薬と抗ヒスタミン剤を服用する方法があります。

ステロイドを使う場合には医師の指示に従って正しく使うようにしましょう。

やはりステロイド抗ヒスタミン剤は痒みを抑えるために即効性のある手段なのです。

しかし、繰り返しますが、ステロイド抗ヒスタミン剤はあくまで一時的な方法なので、同時に根本治療を心がけるようにしましょう。

アトピーによる手荒れへのお勧めのハンドクリーム

私はアトピーが完治する前、手荒れが起こる度に様々なハンドクリームを使ってきました。アトリックスやロコベースなど巷で評価の高いハンドクリームも様々試してきました。それでもこの2つのハンドクリームは私にはあまり効果的ではありませんでした。

私が実際に使って良かったと思う、効果があったハンドクリームをご紹介します。

(実際にはいずれもハンドクリームの範疇ではありませんが・・・)

ワセリン

f:id:Daniel016:20160622233800j:plain

結局、最強はこれです。ハンドクリームという範疇ではないのかも知れませんが、、、

手荒れ傷の痒みや痛みを抑えてくれる効果もありますし、手の乾燥を防いでくれる役割もあります。

ワセリンは常に持ち歩いて、手洗いの後や手が乾燥したなと思った時には必ず塗るようにしていました。

価格も安いのに非常に効果が高くてお勧めです。

ホホバオイル

これもハンドクリームではありませんが、痒みを抑えるという点と手肌を乾燥から守る点で非常に効果的でした。

もともとお風呂あがりに顔と体に塗っていたのですが、その際に手の痒みが意外にも治まったので、ハンドクリーム代わりに使っていました。

ワセリンほど安くはありませんが、痒みを抑える効果は抜群でした。

それでも手荒れが治らない場合はアトピー以外の可能性も疑う

もしこれらの方法を試しても手荒れが一向に良くならない場合にはアトピー以外の可能性があるかも知れません。

私はアトピー完治後に手荒れが起こって、それまでと同様に上記で記してきた方法を試しましたが一向に改善しないので、病院などでもよく見てもらったら汗疱状湿疹だった事があります。汗疱状湿疹の対処方法については別の機会に書きます。

アトピーによる手荒れと汗疱状湿疹などアトピー以外の手荒れでは対処方法が違うので、上に書いたアトピーによる手荒れ対処方法で良くならない場合には別の要因があると考えた方がいいでしょう。