読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を続けながらアトピーを完治させる

成人型アトピーで苦しんできた私が、会社勤めをしながらアトピーを完治させた方法をご紹介します。

取っていい油とダメな油を知る

今回は"油"についてのお話です。

アトピーの原因として"油"が取り上げられることがあります。私もアトピーの治療中には油の取り方に注意をして体質が改善したことからも、アトピーの方には参考にして頂けたらと思います。

オメガ6系のリノール酸アトピーを悪化させる

私たちが普段の料理で何気なく使っている油がアトピーの原因となり得るのです。

油には大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の2つに分けることができます。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸とは溶けて液体になる温度が高く、常温では固体の油です。バターやラードなどの動物性油に多く含まれていて、コレステロール値を上げてしまう油として知られていますが、アトピーには直接的な影響は少ないのです。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は植物性の油に多く含まれていて、常温で液体の油です。アトピーに直接的に影響があるとされているのはこの不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸はさらにオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の3つに分類することができます。

この中でもオメガ3系とオメガ6系のバランスがアトピーの改善にはとても大切なのです。

オメガ9系はアトピーに対して中立的な立場にあるので、アトピー治療に関しては特に意識しなくても良さそうです。

オメガ6系脂肪酸の摂り過ぎがアトピーを悪化させる

オメガ6系脂肪酸の油で、リノール酸アトピーを悪化させているとされています。リノール酸が体内に取り込まれると、アラキドン酸に変化します。このアラキドン酸はプロスタグランジンというアトピーやアレルギー反応を促進させるホルモン物質を作ってしまうのです。

つまり、オメガ6系脂肪酸リノール酸アトピーを悪化させる油といっても過言ではないのです。

さらには血液をドロドロにして動脈硬化や脳血栓心不全など様々な弊害をもたらします。

オメガ6系の油は、サラダ油、べに花油、ひまわり油、コーン油など比較的安価な油が代表的です。

オメガ3系脂肪酸アトピーの症状を抑える

オメガ3系脂肪酸はαリノレン酸DHAEPAが代表的です。これらオメガ3系脂肪酸は体内でアトピーやアレルギー反応を抑制するホルモン物質を作り、血液をさらさらにしてくれます。

αリノレン酸はえごま油やしそ油、亜麻仁油に多く含まれ、DHAEPAは青魚に多く含まれています。

大切なのはオメガ3系とオメガ6系の摂取のバランス

オメガ3系とオメガ6系の摂取のバランスとして理想的なのは、

オメガ3系:オメガ6系=1:1〜4

とされています。

それに対して、現代人のバランスはオメガ3系:オメガ6系が1:10とか1:20とか、異常な程オメガ6系の摂取が多いのです。

これはかつてリノール酸コレステロール値を下げて健康に良いという説があり、バターやラードといった動物性脂肪の摂取をやめて、植物油やマーガリンの摂取を推奨する流れがあったことが影響していると考えられます(この説は現代では完全に崩壊していますが・・・)

オメガ6系脂肪酸は必須脂肪酸で体に必要なものですが、サラダ油やひまわり油などの植物性油の他に、米や大豆など通常の食品にも含まれているため、植物性油を摂取しなくとも必要な分量は摂取できてしまいます。

なので、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸のバランスを考えたときにはオメガ3系脂肪酸を積極的に摂取すれば良いのです。

オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取する

オメガ3系脂肪酸はαリノレン酸DHAEPAです。

DHAEPAは青魚に豊富に含まれているので、食事の献立に青魚を取り入れていくようにしましょう。アジ、サバ、サンマ、イワシなどは安価に購入できますし、調理の仕方も豊富にあるので毎日の食事に取り入れやすいかと思います。私は多い時では1週間毎日、そうでない時でも1週間の半分は青魚を主菜にしていました。

αリノレン酸が多く含まれているのはえごま油、亜麻仁油、しそ油です。αリノレン酸は熱に弱いので、サラダなどのドレッシングにして頂くのが良いでしょう。

私はアトピー治療中にはキャベツのサラダを毎日食していたので、ドレッシング代わりにえごま油or亜麻仁油orしそ油に塩(+胡椒)とレモン汁を混ぜたもの使っていました。

またニンジンとリンゴのジュースにαリノレン酸が含まれる油を数滴垂らしても良いでしょう。

ニンジンとリンゴのジュースの作り方はこちら

atopy-chiryo.hatenablog.com

ニンジンに含まれるβカロテンは脂溶性なので、ジュースに数滴の油を混ぜることで、βカロテンの吸収効率が高まります。

料理にはオリーブオイルかバター・ラードなどの動物性油を使う

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸のバランスを考えると料理に使う油も注意したいところです。

私は料理にはもっぱらオリーブオイルかバターやラード、牛脂などの動物性油を使うようにしていました。

オリーブオイルにはオメガ9系のオレイン酸を多く含みます。オメガ9系の脂肪酸アトピーには中立の立場です。オレイン酸は熱に強く、酸化もしにくいため、炒めものに適しています。また動脈硬化などの病気の予防にも繋がります。

中華料理などオリーブオイルがマッチしない料理の時にはラードを使っていました。中華じゃないときはバターや牛脂も使いました。こうした動物性油は脂肪分が多く、肥満などのもとになりますので、体質によっては気を付けた方が良いでしょう。ただしアトピーには中立の飽和脂肪酸なので、普段から運動などを多く行っているのであれば、気にしすぎることはないかと思います。

トランス脂肪酸は避ける

ここ最近になってトランス脂肪酸の危険性が注目されるようになってきました。マーガリンやショートニングに含まれるものですね。

トランス脂肪酸は、アトピーやアレルギーを悪化させるリノール酸を多く含む植物性油を原料にして、常温でも個体となるように水素化合物を添加して固めた油です。

もともとアトピーには良くないリノール酸を多く含んだ油を原料としているので、アトピーの方は摂取を避けるべきでしょう。

トランス脂肪酸の危険性は他にも指摘されていて、マーガリンは常温でも腐ることはありませんし、虫が集ることもありません。欧米の食品への規制が厳しい国では販売や飲食店での使用が制限されている国も珍しくありません。

市販の菓子パンやクッキーなどにはマーガリンやショートニングが使用されていますし、外食産業でも安価な点から使用されるケースが多いようです。食品への規制が緩い日本で普通に生活をしている以上、完全に断つことは難しいのですが、自炊する時にはマーガリンは使わない、ショートニングが使われている食品は買わないなど、注意することで摂取量を減らすことはできるかと思います。

まとめ