読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を続けながらアトピーを完治させる

成人型アトピーで苦しんできた私が、会社勤めをしながらアトピーを完治させた方法をご紹介します。

アトピー完治に向けた治療の基本〜肌のケアを徹底する〜

アトピーの痒みによってダメージを受けた肌のケアはとっても重要です。アトピー完治に向けては食事など根本からの治療が必要ですが、肌を引っ掻いてしまうことによって受けた傷からアレルギー物質など刺激物が入ってしまうと、今度はそれが痒みの原因となってしまいます。

仕事をされている方ならアトピーを完治させる事も大事ですが、見た目もキレイにしていかないとダメですよね。

そこで私はアトピーの治療中は肌ケアを徹底するようにしました。アトピーが完治した今も入浴後の保湿といったケアは続けています。

アトピー治療中に行った肌のケア

具体的にアトピー治療中に行った肌ケアは次の通りです。

  • シャンプー、石鹸は天然由来のものを使用
  • 入浴後の入念な保湿
  • 肌着は木綿素材のもの

割りと基本的な事ですが、これと食事内容の改善で私はアトピーを完治させる事ができました。

これらについて詳しく説明していきます。

シャンプー、石鹸は天然由来のものを使用

昔、アトピーがなかった頃、日本人は天然由来の石鹸を用いてきました。それが現代になると汚れを落とすため、泡立ちを良くするため、洗いあがりをスベスベにするために様々な化学物質や薬品が使われるようになりました。こうした化学物質が必要以上に肌の油分を奪ってしまって、乾燥を引き起こし、痒みに繋がっていくのではないでしょうか。

特に注意をしたいのは合成界面活性剤というものです。これは水と油のように本来は混ざり合わないものを混ぜあわせるために使われています。市販されているシャンプーやリンス、トリートメント、石鹸には殆どこの合成界面活性剤が使われているのです。

アトピーの症状を抑えるためにはこうした化学物質や薬品を使わない事が一番で、それには天然由来の石鹸やシャンプーを使うようにしましょう。

私はシャンプーだけ天然由来のものを使い、体はお湯でサッと流すだけで石鹸は使いませんでした。汚れというのはお湯で流すだけでも十分に落ちるみたいですよ!

入浴後の入念な保湿

アトピーの方は肌の水分を保つセラミドという物質が不足しているものです。セラミドを保って、肌を乾燥から守ることが痒みを起こさせないコツなのです。

入浴後は直ぐに入念な保湿を行うようにしましょう。私はホホバオイルを塗り、その上からセラミドが配合されている乳液を塗るようにしていました。

アトピーが完治した今でもホホバオイルを使った保湿は継続して行っています。

肌着は木綿のもの

アトピーがなかった時代、人々が身につけていた衣料は木綿や麻など自然由来のものばかりでした。
それが現代では暑い時でも涼しく過ごせるように、そして寒い時には保温性を高めるためにと合成繊維が使われた衣類を身に着ける機会も多くなってきました。しかし、痒みによってダメージを受けた肌にはこうした合成繊維が刺激を与えているのではないかと思うのです。

肌に直接触れる肌着は綿100%の柔らかいものを身につけましょう。麻は自然由来ですがゴワゴワしてて、肌に刺激を与えてしまいます。

またセーターなどの毛はチクチクしてこれまた肌にダメージを与えるので、肌着を着て直接肌に触れることがないようにしましょう。

アトピー完治後にも続けている肌ケア

アトピーが完治した今も次の肌ケアは継続して行っています。

  • シャンプーは天然由来のもの、体は素洗い
  • 入浴後にホホバオイルを使った保湿

ステロイドを使わなくても痒みが生じなくなりましたが、気を許してケアを怠ると肌が乾燥して、それによる痒みが生じてしまいます。アトピーの方はそれだけ肌が敏感なので、例え完治したとしても肌ケアは継続して続けていきましょう!