仕事を続けながらアトピーを完治させる

成人型アトピーで苦しんできた私が、会社勤めをしながらアトピーを完治させた方法をご紹介します。

アトピー完治のための食事内容

アトピー完治に向けては腸内環境を健全にすることが必要不可欠です。

atopy-chiryo.hatenablog.com

食事回数を制限して消化器官を休ませることが重要だという事は以前ご紹介しました。

ここでは具体的に食べるものをご紹介していきます。

朝はニンジン&リンゴのジュースとヨーグルト

朝はニンジンとリンゴのジュースに加えてヨーグルトを食べるようにしていました。
「1日2食じゃねーじゃんか」というツッコミは入れないで下さい^^;

ニンジン&リンゴのジュース

ニンジンには肌に良いビタミンとミネラルが豊富に含まれています。そしてリンゴにはアップルフェノンというポリフェノールがあり、痒みの発生を抑えてくます。

ニンジンとリンゴをざく切りにして、ミキサーにかけるだけです。ここでの注意点は、生のニンジンにはアスコルビナーゼという酵素が含まれていて、肌に大事なビタミンCを破壊してしまうのです。ただしアスコルビナーゼは酸によってその働きを抑えることができるので、ライムやレモン汁を入れてましょう

ヨーグルト

腸内環境を整えるためには腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らさなければなりません。善玉菌の代表格である乳酸菌がヨーグルトに多く含まれていることはご存知ですよね。

私はヨーグルトを毎日食べるようにしています。

ヨーグルトはカスピ海ヨーグルト選ぶようにしていますが、気分を変えて他のものも試してみたりしました。注意点は砂糖が入っていないものを選ぶという事です。

砂糖は消化するのに多くのエネルギーを使い、老廃物を多く排出してしまいます。砂糖を摂り過ぎると肌が荒れてしまうという事は最近になって認知されるようになってきました。

どうしても甘みが欲しい場合はオリゴ糖が入っているものを選びましょう。オリゴ糖は砂糖と違い、乳酸菌の餌となってくれるので、乳酸菌を増やす点で摂取したいものなのです。

昼食は軽めにする

できる事なら私は昼食は取らない事をお勧めしたいのですが、普通に会社勤めをしていると付き合いもあって、ランチに行くこともあります。

またこれまで3食しっかり食べていた方がいきなり1日1食にするのは中々辛いものがあります。

そこで、昼食を取る場合はなるべく消化が良い物を軽めに取るようにしましょう。お勧めはソバや和食などを腹8分目くらいにしておくことです。

生野菜を毎日しっかり食べる

夕食はしっかり食べます。その時に生野菜をたっぷり食べます。

特に毎日食べるのはキャベツ、大根です。この2つを千切りにして、サラダにして食べます。

キャベツにはビタミンUという、キャベジンでも有名なビタミンが含まれていて、これが腸壁を強くしてくれるのです。

大根には消化酵素が豊富に含まれていて食べ物の消化を助けてくれます。なのでこれを食べることで消化器官への負担を減らすのです。

キャベツと大根は千切りにして、ここにお好みの野菜を、時にはトマト、茹でたブロッコリー、パプリカなどその日の気分などで様々な野菜をサラダにします。

ドレッシングは市販のものではなく、エゴマ油と塩を入れてかき混ぜて食べます。

献立は和食を中心にする

夕食はしっかり食べますが、基本は和食で献立を立てます。

私たち日本人は先祖代々、米と味噌、野菜、魚を中心とした食事を取ってきました。日本人の体はこうした和食を消化するのに適した形になってきたのです。

江戸時代とかそれ以前の日本にはアトピーはなかったと言われています。

その時代と同じような食事、私たちの体に適した食事を取ることが消化器官をいたわり、腸内環境を良くするのだと思います。

肉はなるべく控える

私たち日本人の体は、実は肉の消化には適していないのです。食事で牛、豚、鶏などの肉を食べるのはなるべく避けましょう

そもそも日本人が肉を日常的に食べるようになったのは高度経済成長期以降で、それと同時にアトピー患者も増えてきたのです。

上でも書いたように先祖代々、大豆と魚介類からタンパク源を得ていた日本人の腸は欧米人のそれと比べると長くできています。食べた肉類は長い腸を通る間に腐敗してしまい、毒素を残していきます。欧米人の腸は肉の消化がしやすいように腸は短くできているので、肉の消化に適しているのです。

アトピー完治に向けては肉をなるべく避けて、たんぱく質は魚介類や大豆食品から摂取するようにしましょう。

続けることが大事

以上が私がアトピー治療中に取ってきた食事になります。ただし、毎日必ずこれらができていたかというとそうではありません。

会社員生活をしながらですと、飲み会などの付き合いなどもあるので、毎日キャベツと大根を食べるとか肉は食べないという事が難しいのです。

そんな時は無理せず肉を食べたりしていました。

仕事をしながらのアトピー治療は長期に渡るものになります。

大事なのは無理をしないで、続けていくことだと思います。仕事をしながらでも上で挙げてきたことを週5〜6回は行えるかと思います。

私も会社勤めをしながらだったので、週1回、2回は上記の事ができませんでした。しかし、大部分の所で上記をやってきたところ1年ほどで痒みがなくなり、傷が癒えてアトピーが完治したのです。